スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクール~安心して応援してあげてくださいね


毎年何人かの生徒がチャレンジしている
グレンツェンピアノコンクール。
今年も練習を始める季節になりました。

コンクールというと
それだけで遠慮してしまう保護者様が多いです。
 グレンツェンは普通におけいこしているお子さんに
 いいホール、いいピアノでの演奏を体験してもらいたい
 というところから始まっているコンクールです。
 課題曲も難しくありませんから大丈夫ですよ。

このようにお話して納得していただいています。

私がコンクールを勧める理由はこれまでにも何度も書きましたが
その過程での成長が著しいからです。
結果はおまけでしかありません。
そこまでにいかに努力できるか、真剣に向き合うことができるか
そこがコンクールにチャレンジする本当の意味だと思っています。


私からの勧めに「やってみます!」と応えてくださった保護者様から
こんなメールをいただきました(掲載許可をいただきました)。

 色々なことにどんどん挑戦してほしいと常日頃から思っているのですが
 初めてのことでは親の方が緊張してしまいます。 
 娘はマイペースながら、先生について行ってくれると思います。



そうですよね。
保護者様の方が緊張される…よくわかります。
これまでも、事前に心配事についてのご相談をいただいたり
当日の会場で保護者の方の具合が悪くなってしまったり
緊張のあまり青ざめていらしたり…
そういうことはたくさんありました。

我が子は頑張れるだろうか…
もし万が一うまくいかなかったら…傷つくのではないか…?
様々なご心配は当然です。

でも、大丈夫です!!
頑張れるようにご本人はもちろん保護者の方もサポートします。
結果に一喜一憂しない、そこまでの練習が大事なんだ、
ということを本人にきちんと教えていきます。
安心してついてきてください!!

周りの大人が全員で
 結果はおまけ! そこまでがんばることが大事!
という姿勢でいると、子供もそのように受け止めていくようになります。




メールをいただいた保護者様に返信しました。
 ○○ちゃんはきっと大丈夫です。
 ご両親ともに、でーんと構えていてあげてくださいね。


そのお返事にあった”信頼”の文字に、身の引き締まる思いでした。
 娘は先生のことをとても信頼しているので
 私は安心して出来る限りどっしりしていたいと思います。



ご家庭に強力なサポーターが誕生しました。
きっと、がんばりぬくことができますね
○○ちゃんの成長、楽しみにしています!!



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

うまくいったり、いかなかったりだけど…


ふだんブログに書くことといえば、

 こんな風にしたらうまくいったよ
 こんな時にはこうしたらよかったよ
 こんな嬉しいことがあったよ
 こんなに頑張った生徒がいたよ

基本的にはいいことばかり。
教室ブログの戦略としては、まあ、当然ですね(笑)
(戦略というほどなにかを考えて書いているわけではありませんけれど)


でもね、私は魔女ではありませんから、
うまくいかないことも、あるんです。
(誰ですか?そこで「この前『先生は魔女』っていう記事書いたじゃ~ん』」と思い出している人は。優良読者様として感謝申し上げます

○○ちゃんの気持ちを引き出しきれなかったな…
レッスンポイントを定めきれなかったな…
その他もろもろ、落ち込むことも多々。


そんな時はどうするか。
ただひたすら考えています。
過去の事例に参考になることはないか。
読んだ書籍にヒントはないか。
レッスンのことを思い返し…
あの時の○○ちゃんはどんな状態だったのか。
何につまずいて今の状態なのか。
あーでもないこーでもないとただひたすら
考え、悩み、もがいています。

この時、ある程度の可能性・方向性は見つけておきますが
明確な答えは出ない(出さない)ことがほとんどです。
なぜなら、相手がいることだから。
子供って1週間でがらりと変わって来たり
たまたまその日だけうまくいかなかったり
ということがよくあるので。
これ、と決めてしまうのは危険なんです。


翌週のレッスンで会ってみると
どうしたらいいのかが自然に見えてくる。
考えていたあれこれがすっとリンクする感じ。
不思議だけど、そういうことの繰り返しなんですね。

うまくいったり、うまくいかなかったり

日々成長する子供を相手に仕事をするというのは
こちらの柔軟さも必要で、難しいことも多いですが
成長の喜びを間近で感じられる という
大きなごほうびがセットになっているのが嬉しいところ♪

なんだかんだ大変なことがあっても
悩むことがあっても
結局、最後に行きつくところはいつも同じ。

この仕事していて、よかったなぁ!!



さて。晴れの日曜日
お久しぶり~の完全休日。
午後からは地元のコンサートに出かけるので
それまで一気に家事と練習をしますよ~!
よーい、どん!



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

中学生でもピアノを続けよう2~見守り方~

前の記事で、中学生になってもぜひピアノを続けてくださいと書きました。

でも実際中学校の生活を始めて、
驚くほど忙しそうで、あまりピアノも弾かない我が子を前にして
イライラしてしまうお母さまも多いと思います。
そういうお母さまのお話を伺うと、
とてもきちんと子育てをされてきた方が多いですね。

これまでにそういったお母さま方から伺ったお話を参考に
私の長年の経験をふまえて
中学生の見守り方をお伝えできればと思います。



【うちは○時に就寝と決めているんです】
【やることやらないでぼーっとしているんです】
●それまでと同じような生活を子供に求めない
 中学生になったら、もう少し子供を手放してあげましょう。
 どんどん体力がついてくる時期、10時に寝なくたって大丈夫です。
 ぼ~っとしているように見える時間
 子供はいろんなことを考えています。
 そういう時間に子供は成長しています。
  「寝るときは電気を消してね!」と声をかけて
 お母さんが先に寝てしまってもいいじゃないですか。
 あまり夜更かしにならないようには気を配りながらも
 少し自由にさせてあげることで責任感もついてきます。


【もっと計画性をもってやればいいのに】
【自分でやるって言ったんだから全部ちゃんとやってほしいのに】
●計画の立て方を教えて一緒に考えてあげましょう
 私も第1子の時はそうでしたが、
 中学生になったらもういろんなことを勝手にできるという幻想を抱いてしまいます(笑)
 でもちょっと待って。ついさっきまで小学生だったんです。
 とりあえず出された宿題をやっていればいい生活から
 やることも自分で考えることもう~んと増えて時間に追われる生活になるのです。
 目の前にてんこ盛りの やらないといけないこと に押しつぶされて
 やる気はあるのに、ただただ呆然としているのかもしれません。

 中学生になったばかりの子。
 生活についても勉強についても、計画の立て方など知りません(断言)。
  どんな風に計画を立てたらいいのか
  優先順位をつけていくこと
  すきま時間をどう活用するか
 こういったことをアドバイスし、一緒に考えてあげることが大切です。
 自分で考えられるようになるためには、種を蒔かないといけないのです。
 最初の1年は思春期独特のむずかしさなどもあり
 お母さまはなかなか大変かと思いますけど
 ここで頑張っておくと後が楽です(笑)


手放して見守ることと、手をかけてやること。
このバランスが難しいのが中学生です。
私もご家庭と連携して生徒たちの中学生活を
サポートしていきたいと思っています。


【教室の保護者の方へ…】
どうしても不安になったら…
頑張っているのに子どもへの働きかけがうまくいかなかったら…
どうぞいつでもご相談くださいね(*^_^*)
一緒に考えていきましょう。

ピアノを弾くことが、中学生活の心の支えになりますように…♡




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村




プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。