ブルゾン効果!?

あまりテレビを見る方ではないのですが・・・
すご~く流行っているものは知っていますよ

最近だと、ブルゾンちえみさんとか。
with B の存在感が面白くて好きです

それから、サンシャイン池崎さんとか。
あのテンションはすごいですね。
見るたびにのど飴を届けてあげたくなります。


それから・・・・・・もう思いつかない_| ̄|○


でも!
このお二人は子供たちも大好きですよね。
子供たちが大好きなことはなんでも使っちゃいますよ~!!



・・・・では、○○ちゃんに質問です。
この難しいところを上手に弾けるようにするには
何回練習したらいいでしょ~か??

♪♪ちゃららら ちゃららら ちゃらららっ? 



  35億!


はい~!じゃ、35億回練習ね!(ふふふ。引っかかった!!) 

え…?

・・・・・だと寝る時間なくなるから、35回でいいよ。
1週間で35回弾くには、1日何回弾けばいいでしょうか?


…5回…?

はい!大正解!!じゃあ毎日5回!がんばろうね!



というわけで、今日レッスンだったNちゃんは
苦手なところを毎日5回、部分練習することになりました

きっと来週はとても上手になっていると思います





教室のホームページはこちら  → ピアノ教室クレッシェーレのHP

教室へのお問合せ・体験レッスンの申し込みはこちら → お問合せ・お申込み


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

ピアノ未経験のお母様がお持ちの強みとは?

体験レッスンにいらしたお母様からのご質問で多いのが

「私はピアノ未経験で何もわからないのですが
 それでも大丈夫でしょうか?」

というものです。

そうですよね。
子供にピアノを…と思っても
自分は何もわからない…
それはとても不安なことだと思います。
それでも勇気を出して体験レッスンにいらしてくださること
いつも本当に感謝しています。

結論から先に言うと

 大丈夫です!!

「え~!うそ~?
入会してほしいからそういう風に言うんじゃないの~??」
・・・・・・と思ったそこのあなた

分からないからこそ発揮できる強みがあるんです

それは・・・・・

 すごいなぁと感動する力


いくつかの音符をポチポチと読みながら
   ゆっくりなんとかきらきら星を弾いた
  経験者  → 音をもっときれいにつなげて弾いてみたら??
  未経験者 → すごいなぁ!!ちゃんと曲が弾けるようになったのね!!
 
リズムがちょっと変だしちょっと音を間違えてるみたいだけど
   エリーゼのためにを弾いた
  経験者  → 難しいところでテンポ落ちてるから部分練習しないと…云々
  未経験者 → すごい!!うちの子エリーゼのためにが弾ける!!
  

・・・・・ね?
経験者お母さんのアドバイスが的確だから上手になれた!
いつも「すごいなぁ!」って嬉しそうにしているお母さんを喜ばせたくて練習がんばれる!
どちらもアリだと思いませんか?

経験者には経験者の強みが、未経験者には未経験者の強みがあって
どちらがいいか、なんて一概には言えないのです。

ですから、お母様がピアノ未経験でも大丈夫
どうぞ何もご心配なさらずに

 すごいね~

と言い続けてあげてくださいね。


かく言う私も、高校生になっていきなり剣道を始めた娘に
「すごいね~」「へ~!」「よくわかんないけど難しそうだね~」
しか言えていません。
娘、私よりも優位に立ってなんだか嬉しそうですよ



教室のホームページはこちらです → ピアノ教室クレッシェーレHP


教室へのお問合せ・お申し込みはこちらからどうぞ → お申込み・お問い合わせはこちら



今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

イメージ作りにリコーダーも登場!!


先日のレッスンにて。

目標よりも早く、発表会曲の譜読みを終えた生徒。
最後まで弾けたんだよ!!と、とても嬉しそう。

プレゼントをもらったり美味しいものを食べたりした時にも
喜びを感じますが
自分で頑張ったことに対して感じた喜びというのは
それとはまた違う、自分の中に積み重なる宝物ですね




彼女はいま『おまつり』という曲を弾いています。
最初のメロディーがどうしてもゴツゴツとした感じに…

 右手のメロディーはおまつりのなんの音だろうね?
 う~ん…笛かな?

そこで私が取り出したのは…リコーダー
私の娘が小学生の時に使っていたものです。
20161216かりん

彼女が弾く左手と私が吹くリコーダーのメロディーを合わせてみました。
おおおっ!イメージぴったり!!

何回かやってみる中で、
ひとつひとつの音でタンギングをしていないこと
一息にフレーズを吹ききっていること
などに気付いてもらい、その後弾いてもらいました。

うん!なかなかいい感じ
そのイメージを忘れずにまた1週間がんばって練習してきてね



ピアノのレッスンは”弾くこと”への指導だけではなく
イメージ作りをすることも大切な要素です。

子供にわかりやすい言葉でイメージを伝えるのは私の得意とするところ!
 あ~!なるほど!うんうん、あんな感じ!
と分かってもらえるような言葉がけ、ときどき自分でも、
 お~!私、今うまいこと言った!
と心の中でガッツポーズしています(笑)

これからはここに、リコーダーでの演奏も加えることにしますね



今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪